ためまニュース

【全国初】神戸市と地域課題を解決する「Urban Innovation KOBE」がスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタートアップと神戸市が協働する、新たな地域課題解決の官民一体プロジェクト「Urban Innovation KOBE」がスタート。

 

ためま株式会社は、神戸市長田区のまちづくり課と協働し「子育てイベント参加アプリ」の実証実験を行います。

 

この取り組みは、神戸市でが本年度より本格的に開始し、神戸新聞社とNPO法人コミュニティリンクが運営を行う、地域課題解決の全国初のモデル。

コミュニティづくり、地域交通の未来、アナログ業務の効率化、シティプロモーションの4つのカテゴリーに応募された国内外のIT関連企業60社の中から、神戸市が7社を選定、行政職員とスタートアップ企業がシステム開発などを協働で行います。

 

 

ためまっぷが長田区まちづくり課と実現するのは

区民が必要なタイミングで必要な情報を受け取り、地域とつながることができる未来

 

 

長田区で300人の育児中のお母さんにアンケートを取りわかったのは

「地域の子育てイベント等への認知度が低く、参加者が少ない。」

という課題。

 

そこから生まれた職員さんたちの

「子育てイベント等の応報力を強化し、地域とつながるきっかけづくりをしたい。」

という想いを実現し、地域とつながることのできる未来を想像します。

 

 

▼詳しくはこちら

Urban Innovation KOBEについて

神戸市長田区総務部まちづくり課との取り組みについて

 

関連記事

ためまっぷ最新情報をメールで購読

メールアドレスを記入して購読をクリックしてください。最新情報をメールでお届けします。