法人概要

法人名

ためま株式会社 / ためまっぷプロジェクト

所在地 

広島事務所 広島県広島市中区本川町3-1-5 シーアイマンション2F Port.Inc内

googlemapでみるリンク

神戸事務所 兵庫県神戸市中央区浪花町56 起業プラザひょうご内

googlemapでみるリンク

東北事務所 宮城県富谷市富谷新町95番地 富谷市まちづくり産業交流プラザ TOMI+

googlemapでみるリンク

事業目的

あらゆる人々が地域の中で、あたたかくつながれる社会を目指す
事業内容 インターネットを利用した各種情報サービスと広告代理
インターネットのコンテンツの企画・制作・運営
各種イベントの企画、運営、制作、管理
前各号に附帯または関連する一切の業務
 設立  2014年5月
 沿革  2014年5月 創業(合同会社)
 2016年8月 国交省「道の駅」初公式アプリに技術担当で参画
 2017年1月 自衛隊向け緊急登庁育児支援システムを受注・開発
 2018年3月 総務省 地域力創造アドバイザー認定
2018年3月 イベント情報管理 特許取得(特許第6293100号)
2018年7月 Urban Innovation KOBE 採択
       神戸市長田区との協働実証開始
2019年4月 広島県安芸郡府中町社会福祉協議会と「社会資源の見える化」における業務提携契約を締結
 2020年4月 神戸事務所開所
2020年7月 宮城県富谷市と実証事業開始
2020年7月 東北事務所開所

ためまっぷスタッフ

shimizu

生活の中の創意工夫が趣味。
あとゴミ拾い

CEO/代表取締役

経営全般 担当

清水 義弘

地域力創造アドバイザー。2013年までSEプログラマとして関東、米NYで就業。子どもに身内以外の人とのつながりを与えられない体験と3.11大震災時のボランティアをきっかけに退職。国内各地の地域活動を調査し、地域活動の情報流通不全が人の孤立化などの社会課題の根底にあり、全国一元化した次世代情報サービスの必要性を確信する。2014年、地域情報のインフラを構築する「ためまっぷ」を立ち上げ現在に至る。「実現するまでやる」がモットー。

 
shimizu

マルチタスクなサイクリスト

COO/コミュニティ・プランナー

経営アドバイザー

コミュニティプランニング

元木 昭宏

某車メーカーでCDカー設計やコネクテッドカーのサービス企画を長年担当。プライベートでは自身のキャリアを生かし、テクノロジーを活用した地域づくりに取り組む。広島県にある大崎上島町でサイクリングとトライアスロンの自転車をツールにしたイベントを開催。同県三次市では地域資源を活用した「川西ふるさと大学」を企画・実施するなど地域活性化にも取り組んでいる。起業体験イベントを主催するなど次世代の人材育成にも注力。2019年4月より、ためまっぷにインターン勤務。現在は最高執行責任者として継続勤務中。

 
nishimoto

理系文系ペット系ミックス

CTO

技術管理、統括 担当

西本 卓也

早稲田大学理工学部卒業後、京都工芸繊維大学・東京大学にて機械学習・自然言語処理・ヒューマンインタフェース・福祉情報工学の教育・研究に従事。大学教員、研究員を経て2011年、博士号取得(工学)。同年より広島にてソフトウェア技術者として活動。視覚障碍者の福祉向上のための開発などのほか、IT関連書籍の執筆、イベント主催なども行う。2020年5月よりためまっぷ開発チーム技術統括としてジョイン。愛犬と散歩中に出会った捨て猫が見捨てられず、現在、絶賛育猫中。

 
wada

カレーは命の水

広報・遊牧担当

東北エリア運営サポート

ためまっぷPRキャラクター

和田 菜水子

音楽大学卒業後、宮城県石巻市へ移住し震災後のコミュニティ支援を行う。広島での災害を機に地元に戻り、社会福祉協議会職員として災害後の生活支援に従事。日常からの地域コミュニティづくりのため、ためま株式会社にサービスリリース時から関わり、誰もが「ここで生きててよかった」と思える社会づくりを目指す。テクノロジーで地域の人がノーボーダーにつながるきっかけづくり、地域資源・互助活動の見える化を行うWEBアプリ「ためまっぷ」を普及中。現在、東北事務所常勤。

広島版人間力大賞(Hiroshima Awards 2017)広島県知事賞・グランプリ受賞
第31回人間力大賞(青年版国民栄誉賞)ファイナリスト

 

yokoyama

防災グッズはいつも持ち歩いてます

営業・広報担当

中四国運営サポート

横山 ゆかり

短大英文科卒業後、ANAホテルフロント、NPOの中間支援組織などの勤務を経てためまっぷへ。平成26年広島市豪雨災害で被災し、日常的な防災への取り組みが重要だと痛感。NPO法人日本防災士機構の防災士資格を取得し啓発活動をスタート。地域の子育て支援コーディネーターのキャリアを生かし「子育て世代の防災」や「女性の防災」など女性目線での活動を実施。防災士として各地でアドバイザーや講師を行う。ためまっぷの理念に共感し2020年4月に入社。広島事務所勤務。

 

kodama

飄々とした佇まい

マーケティング担当

マーケティングコンサルティング

児玉 章吾

大学卒業後、DVD・ブルーレイ開発ITベンチャーにて事業企画部⾧及び制作ディレクション部署を担当。その後、外資系語学学習ソフトウェア会社にて店舗運営、マーケティングを行う。コンテンツ企画から音声メディア(Podcast)制作を個人で行い「めざまし英会話」を立ち上げ運営するほか、広島、東京を中心に法人のWebマーケティングコンサル、プロジェクトマネジャーを行っている。2017年よりためまっぷにジョイン。WebやSNSキャンペーンプロデュース、Webサイト制作ディレクションを担当。

 

okimoto

アクティブに跳んでる元バンドマン

エンジニア

沖本 恒輝

2015年広島工業大学情報学部知的情報システム学科卒業。2017年同大学大学院工学系研究科情報システム科学専攻修了。在学時は教育工学の研究に従事。教育システム情報学会2013年度学生研究発表会優秀発表賞受賞。その後、ためま株式会社に入社。iOS、 Androidアプリの保守・運用、Webサイト制作に従事しつつトランポリンを跳んだりしている。最近トランポリン施設が移転したため、他のアクティビティを模索中。

 

kitagawa

物静かに熱い猫好き

エンジニア

北川 浩也

広島工業大学情報学部知的情報システム学科卒業後、株式会社システムフレンドに入社。EC-CUBEのカスタマイズ中心の実務経験を積む。 その後、広島大学発のベンチャー企業 株式会社 Coach For Allのエンジニアチームにジョインしたりしつつ、2018年12月からためまに入社。日々開発を行っている。ちなみに猫は、メインクーンやサイベリアンなどのふわふわ巨体なタイプが好き。

 

まだまだいるためまの個性派スタッフ、随時追加更新します!

ためまっぷスクリーン