こんにちは、ためまっぷ世話人です。

7月24日、JIMOSさんの東京本社にて全社員会議内で連携キックオフ発表を行いました。
(福岡本社とはオンライン生中継で伝えていただきました。)

取り組みに共感いただいているJIMOSの川上さん

 

ためまっぷを生み出したきっかけ、現在の取り組み、そしてJIMOSさんやご協力いただける方とつくっていきたい未来についてお話をさせていただき、社員の方々にも傾聴いただきました。
発表後に「共感しました。協力したい」と言っていただいた社員の方もおり、心より連携を嬉しく思いました。

 

また、ためまっぷで現在応急的に取り組んでいる災害支援情報発信についてご紹介すると、司会の方から社内で豪雨災害の義援金募集をされていて呼びかけられているとのこと。
後方支援のあたたかさを感じました。

災害支援ピン・タグについても説明

 

ためまがCrewwのアクセラレータープログラムを通じて連携させていただいているJIMOSさんは、Coyoriやマキアレイベルなど国内で最も売れている自社化粧品の通信販売をされています。
また、最新テクノロジーの化粧品でありながら石油系など添加物を一切含まない、ユーザーのことを最優先に考え抜いて世の中にない商品を生み出しているイノベーターでもあります。

▶ JIMOS ACCELARATOR 2017について

 

連携に至った経緯は、化粧品ユーザー・社員ともに子育て前後の世代が多く、ユーザーに向け「ためまっぷ」を一緒に広めていくことで社会実現していこう、と共感をいただけたことです。
「ためまっぷ」の方針としても利用者のニーズを最優先にすることをJIMOSさんから再注入していただいています。
この連携にてサービスの改善、持続化、普及を行い、ゆるくつながれるあたたかい社会を未来に残していきます。

▶ 株式会社 JIMOSについて