ためまニュース

神戸支社開設の記事が広島経済レポートに掲載されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島経済レポート(2020年4月16日号)に掲載いただきました

 

 アプリ開発のためま 神戸支社を開設

地域イベント情報アプリ「ためまっぷ」を運営するベンチャーのためま

(中区、清水義弘社長)は4月1日、神戸支社を神戸市中央区雲井通5-3-1の

コワーキングスペース「起業プラザひょうご」内に開設した。

同社は地域課題解決プロジェクト「アーバンイノベーション神戸2018・2019」で

神戸市と協働プロジェクトを実施。同アプリを子育て中の家庭と子育てサークルに

活用してもらったところ、イベント参加率が1.5倍に増え、住民満足度は98%だった。

同事業をモデルケースに、広島と神戸の2拠点体制で、取り組みを全国に広げる。

 

開設前より、広島と神戸をリモートワークで、業務連携を実施しております。

 兵庫県でも緊急事態宣言(2020年4月6日)が発令され、

外出ができずイベント開催や拠点での対応ができない状況ですが、

これまでに子育て世帯へ声かけ関係のできた子育てサークル支援者が、

弊社アプリを使ったアドバイスや励ましのメッセージを贈るツールとしてご活用いただいています。

 紙面だけでは伝わらないあたたかい行動の見える化で、想いはつながっています。

 

広島経済レポートは毎週木曜日に発行。
昭和26年創刊の地元経済情報誌のパイオニアです。
▶︎ ホームページはこちら
▶︎ FBページはこちら

関連記事