ためまニュース

「ためまっぷ」特許認定!外部専門家制度も後押し、複数団体で導入スタート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国で「みんなのまちの掲示板 ためまっぷ」スマホ/WEBのアプリ開発と普及により社会的孤立を減らす取り組みを行っている「ためま株式会社(広島市中区 代表 清水義弘)」は、この度、地域イベント情報管理システムについて、特許を取得いたしました(第6293100号 2018年2月23日登録)。

 

併せて、総務省の「外部専門家(地域力創造アドバイザー)制度※」の外部専門家に登録されましたので、これまでの知見を生かし、地方自治体等の地域活性化の取組を支援していきます。

 

 

⬇︎詳細情報はコチラから

「ためまっぷ」特許認定!外部専門家制度も後押し、複数団体で導入スタート。

 

外部専門家(地域力創造アドバイザー)制度(総務省)とは
地域独自の魅力や価値の向上に取り組むことで、地域力を高めようとする市町村が、地域活性化の取組に関する知見やノウハウを有する外部専門家を招へいし、指導・助言を受けながら取組を行う場合の外部専門家に関する情報提供、及び招へいに必要な経費について総務省が支援する制度。

 

※プレスリリースのPDFファイルはこちらから

※取組に関するPDF資料はこちらから(Googleフォーム使用)

 

 

関連記事