ためまニュース

「平成30年7月豪雨」の影響と今後の災害支援に関するお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度の「平成30年7月西日本豪雨」で被害に遭われた方々に、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

ためまっぷでは、ためまっぷスタッフや家族の無事を確認いたしました。全国からのご心配のお声に大変感謝しております。

現在情報が混乱しており、被災地域に関して、予定されていたイベントの中止や内容変更などが相次いでおります。

スタッフも状況把握が困難な状況のため、ためまっぷアプリ上に掲載されているイベントも開催予定内容に変更がある場合がございます。ご不便おかけいたしますが、平常通りイベントが開催される日まで、よろしくお願いいたします。

(イベントの開催については、直接イベント主催者に確認をお願いいたします。)

また、今後のためまっぷプロジェクトの動きにつきまして、情報発信ツールとしてのアプリ機能の整備に加え、県内各所で災害関連の支援に尽力いたします。

①アプリ内での災害支援タグの表示

※情報が公開されましたら、ホームページやFacebook上でお知らせいたします⇨公開いたしました。

被災地域を含むエリア(広島市内中心部から500km圏内:岐阜から九州全域の西日本)に、平常時のジャンル分けに加え「災害支援タグ」を追加いたします。

また、地図画面では平常時の赤いピンに加えオレンジ色の「災害支援ピン」で近くで行われている情報が一目で分かるようになります。

ためまっぷアプリ内に災害支援ピンを設置予定です。*上記地図はサンプル画像です。

SNSによるタイムライン形式の情報集約が難しいボランティア情報(炊き出し行います、無料シャンプーやっています、など)の発信にお使いください。

②被災地域の情報発信を中心とした支援

既に要請をいただいている被災地域にて、情報発信を中心に災害支援に取り組みます。

また、日頃より関連のある各団体・各企業様に関しても広い範囲で影響があるため、ためまっぷを活用した情報発信以外にも、協力要請をいただき次第、支援を行う予定です。

その他、現在情報収集中のため、わかり次第ホームページやFacebookなどで情報発信をしていきますので、そちらのご確認、どうぞよろしくお願いいたします。

※概要説明チラシはこちらです。ボランティアをされる方や被災者の方へのご説明などにご利用ください。

災害支援チラシPDF(カラー)・ダウンロード

災害支援チラシPDF(モノクロ)・ダウンロード

関連記事