ためまニュース

神戸市民向け成果発表会にて長田区での取り組みを発表いたしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月17日(日)、120 working placeにてUrban Innovation KOBE(以下、UIK)の取り組み事例の発表を行いました。

長田区まちづくり課職員による取り組み報告

UIK2018年上期に取り組んだ6つのテーマそれぞれの担当職員の方による成果発表に加え、
協働したスタートアップ側からの意見として、「ためまっぷながた」実際の機能、ユーザーの声などを紹介いたしました。

来て欲しい人と行きたい人をつなぐ「ためまっぷながた」は、子育て支援イベント参加者1.5倍、利用者満足度98%と高い効果を実証

神戸新聞社・特定非営利活動法人コミュニティリンク・神戸市による共催の報告会には
一般市民に加え神戸市外にとどまらず、兵庫県外の自治体職員の方も参加され、
GovTech(Government×Technologyで行政課題を協働解決する仕組み)やUIKの影響を感じることができました。

🔽詳細はこちら
神戸市ホームページより
「Urban Innovation KOBE」の2018年度上期成果報告会

関連記事