事例紹介

地域のイベント情報をリアルタイムに知ることができる「みんなのまちの掲示板 ためまっぷ」は、
課題やニーズにあわせた柔軟なプランで、さまざまな団体様にご活用いただいています。
一部の導入事例をご紹介いたします。※敬称略

育児世代に区内の子育て情報を届けたい!
ためまっぷながた

自治体

神戸市長田区総務部まちづくり課(兵庫県)

 弊社が自治体の地域課題を解決するためのスタートアップ事業「アーバンイノベーション神戸」(平成30年度)に応募。イベント情報の効果的な告知環境を構築するため、パートナーとして採択いただき連携がスタートした神戸市長田区様。
 当時の長田区は「地域で行われている良い活動があまり知られていない」という課題を抱えていました。特に、子育て世代向けのイベントについては、区内で多くのイベントが開催されているにも関わらず、対象となるパパママにあまり知られていない状態で、アンケートの回答では「子どもを連れていける場所」についての情報を求める声が多い状況でした。

自治体が運営しやすいように共同開発した「長田モデル」

 「ためまっぷ」は、チラシを撮影し投稿するというシンプルかつ簡単な方法で広報ができるので、投稿者・ユーザーにとってもなじみやすいサービス。さらにそこから、自治体が運営しやすいように情報管理やお知らせ機能などの管理システムを加え「ためまっぷながたモデル」としてシステムを構築しました。
 「ためま㈱と共同開発した『ためまっぷながた』はわかりやすくシンプルな仕様であるため、うまく周知できればユーザーが広まると信じていた。」と話すご担当者様。周知には手を抜かず、乳幼児健診での案内や実際に子育てイベントへ訪問して直接案内するなど、職員がユーザーへ直接広報を行ったということです。

インベント情報の告知に想定以上の効果!

 1年間の実証実験では、子育てイベント参加者は4割増加、継続希望率も98%と想定以上の結果が出ました。また、運営中に得たパパママの声に応じた機能をすぐに取り入れるなど、常にユーザーに目線で実験を取り組んだことで、ためまっぷながたが長田区内で普及。ユーザーからも継続利用を希望する声が多く寄せられ、令和元年度から本格導入いただきました。

 また、ためまっぷながたは、他地域のイベントのチラシを見える化することで、各々が開催するイベントのチラシややり方を見直すなど、投稿者のモチベーションも向上させる効果があったといいます。ためまっぷながたの実証実験を始める前のチラシと現在のチラシを見比べると、どのイベントも見違えるように変化しているとのこと。
 現在ではためまっぷながたを工夫して使っている投稿者も多く、イメージ写真の投稿や、天候などによる緊急連絡に利用されるなど、たくさんの目的で使われています。

地域住民の分断を解消し
コミュニティを再生&維持したい!
御薗宇小学校区住民自治協議会

自治会

御薗宇小学校区住民自治協議会(広島県東広島市)

 東広島市で普及活動中だった代表の清水が、同市の職員に紹介していただいたことがきっかけでご縁ができた御薗宇小学校区住民自治協議会様。
 現在は引退された前会長の渡辺さんのお話では、2018年当時の御薗宇小学校区は、自治会に加入していない人や加入していたとしても何かしらの集まりには不参加の方が多く、ちょっとした近所の情報を周知することに大変苦慮しているとのことでした。
 さらに、昔ながらの広報手段の回覧板は、オートロックなどのセキュリティの関係でマンション住民へは回せないことが多々あり、行政からのお知らせなども配りにくい。地域の情報が知られておらず、戸建て住民とマンション住民とが同じ地域の中で分断されている、という課題がありました。

例えば、葬祭などの近所の小さな情報もきちんと届くように

 近所の中で小さな情報でもきちんと届くようにしたい。また、自治会以外の地域住民の方へもイベント情報をお知らせすることで地域に興味を持ってもらい自治会加入のきっかけになれば、とお話していた前会長。そして、自治会運営において、「次の世代にこのような大変さを残したくない。」という思いから、ためまっぷの導入をご検討いただき、2019年にテスト導入へ。
 現在は、前会長の思いを引きつぎ、副会長の宮田さんの管理のもと、本格導入に移行中。「ためまっぷみそのう」の周知には、チラシ配布、定期的な意見交換会や説明会の開催、小学校など地域の主要な施設などでのチラシの配布や掲示のほか、地元企業の協力を得てイベント開催時に広報をさせていただくなど、精力的な周知活動を行っています。

従来の回覧板と併用してデジタル回覧板として活用

 「今後も、住民への周知と地域に特化した情報の掲載ができるように各部会などと連携をしていきたい。」また、「ためまっぷによって、地域情報の確認がどこからでもすぐにできるようになったり、スマホやタブレットで直接表示してお知らせや説明をしたりするのにも役立っています。」と話す宮田さん。
 『ためまっぷみそのう』は、自治会ならではの情報ツール「デジタル回覧板」としてご活用いただいています。

我が町のどこに何があるのか
地域資源を見える化したい!
社会福祉法人府中町社会福祉協議会

民間

社会福祉法人府中町社会福祉協議会(広島県安芸郡)

 町域を包括する社会福祉法人府中町社会福祉協議会様。法人活動の中、地域住民の方々の相談を受ける上で、地域内の情報が不足していることに課題を感じ「職員全員が”町のどこに何があるのか”を把握する必要があると感じた。」というご担当者の楢山さん。町を可視化するためにアプリ開発を検討していたところ、職員の一人に「こんなものがあるよ」とためまっぷを教えてもらったことが、この度の連携のきっかけとなりました。

時代の流れに合った地域の情報提供のあり方

 実際にイベント投稿掲示板を見て、「既存のチラシをスマホで撮影してアップするだけでマップにも反映させる内容から、アナログ感とデジタル感の融合を感じ、難しすぎず、でも時代の流れに合っているような感覚で直感的に『これだ!』と思いました。」と楢山さん。そして、その一連の流れを見て、地域資源マップ(地域の見える化)としての発展も考え、導入を決めてくださったそうです。

簡単にマップ化が可能に!こまめなブラッシュアップで使い勝手も良。

 地域資源マップの開発前提で導入した同法人のカスタマイズページは、現行の地域資源マップの雛型でもあります。
 「イベント投稿と同様に、簡単にマップ化できることで、『地域の見える化』が出来ている。」と高評価をいただきました。

 導入後も、適宜ブラッシュアップを行い、さらに使い勝手が良くなるように機能変更や追加など臨機応変に対応させていただいています。

商店街や市場の本当の魅力
”アットホームなほっとする空間”を伝えたい!
ためまっぷちゅうおう

自治体

神戸市中央区総務部まちづくり課(兵庫県)

 神戸市が実施している地域課題を解決するためのスタートアップ事業「アーバンイノベーション神戸」で、市の経済観光局商業流通課が掲げた「商店街・市場における子育て世帯の集客増加」を目指した事業がスタート。
 実証実験の場として設定されていた中央区の周辺地域の情報を併せて発信することが利用者を増やすためにも効果的である、ということで区役所まちづくり課様へ「ためまっぷ中央」の共同開発を提案をさせていただきました。

「使いやすさ」と「簡単さ」が決め手

 中央区はマンションに住む世帯の割合が非常に高く、提案させていただいた時期には「地域との関わりが希薄になっているマンション住民への適切な情報提供」という課題を抱えていらしゃいました。また、商店街・市場においても、子育て世代との関わりが薄く、イベントを行えば多くの人で賑わうが日頃の買い物に結びついていない、という現状がありました。  
 もっと若年層や子育て世代に足を運んでもらい賑わいづくりをしたい、市場での対面販売の楽しさを伝えたい…。そんな中、同様の地域SNSの活用を検討されていましたが、情報源となる地域活動に取り組む方々の多くが高齢者であり、実際に情報を投稿していただくためには「使いやすい」、「簡単」ということが大前提。操作性を重視すると「ためまっぷ」が一番シンプルで使いやすいツールだったことが、連携スタートのきっかけでもあり、実際に投稿者からは、「使いやすい」「簡単なので続けられる」という声が寄せられています。

イベント周知とまちづくりのツールとしてさらに充実させたい

 市の広報誌及びHP等でのPR、チラシ配布やPR動画など職員による広報を行っていますが、「地域住民に対してまだまだ周知不足」だというご担当者様。「投稿する情報をさらに充実させ、利用者を増やして『ためまっぷ中央って便利だね!』という声を聴きたい。上手く活用ができれば、現在区内で実施されている事業やイベント自体の効果を高めることができると考えているため、根気よく続けていきたい。」と前向きなお話を伺いました。

 現在「ためまっぷ中央」は、まちづくりのツールとして、地域資源マップ「まちかど情報」を追加するなど、ニーズに応じたアップデートを行っています。

ためまっぷスクリーン