ちよだコミュニティラボライブ!に参加いたします

2019.02.03
タグ: , , , , , , ,

2019年2月9日(土)、千代田区コミュニティ総務課主催の
ちよだコミュニティラボライブ!」に東京メトロさまとブース参加いたします。

このイベントは、NPO、地域活動、町会、大学など千代田区の多様な活動・コミュニティがお互いに知り合い、区民や在勤者の方とつながり、一緒にできることを共に考える場となっております。

この日は、千代田区で活動する46の団体が参加予定で、ためまは東京メトロ様と共に取り組む、ためまっぷを活用した地域のつながり創出についてご紹介いたします。

 


開催概要

 

千代田区をフィールドとする地域活動、NPO、町会、企業、大学など40以上の活動が集まり、コミュニティのミライを話します。
千代田区の人の奥深い魅力に出会うために、自分のできること、仲間を見つける第一歩として、「ラボライブ!」に参加していませんか?

日時:2019年2月9日(土) 13:30~16:45
会場:千代田区役所 区民ホール(1階)
対象:千代田区在住・在勤・在学者、千代田区の地域によく通っている人、
千代田区での活動を地域と一緒に作っていきたい人
参加費:無料
主催:千代田区コミュニティ総務課
運営事務局:株式会社エンパブリック

第1部 13:30~15:00
Community Lab Session 「千代田の活動とつながりの今を知ろう」

千代田区をフィールドに活動する方たち、「千代田学」に取り組む区内大学等、コミュニティ活動を始めようとする人たちなどが、自分の活動や研究成果を伝え、区民や在勤者の方と一緒にできることを提案します。


第2部 15:10~16:15
Community Collab. Session 「まちの“つながり”をデザインしよう
~コミュニティ×コミュニティから生まれる、ちよだのミライ」

千代田区で活動を実践する人が、分野やテーマを超えて、地域や活動の課題について話し合い、経験を分かち合うことで、これからの千代田区や活動にとって何が大切か考えます。


<テーマ案>
(変更になる場合があります)

【分野を超えて話し合いたい地域課題】

【活動を進め、コミュニティを広げる課題】

 

第3部 16:15~16:45

Co-Creation Session 「つながりを深め、次へのアクションを考えよう」

参加者同士で協力・連携できること、お互いの活動に参加してみることなど、新しい一歩を踏み出すアクションについて話し合い、シェアします。

詳しくはこちらから

千代田区で「IT活用の広報力アップ講座」を実施いたします

2018.11.15
タグ: , , , , , ,

2018年11月27日、東京メトロ様とためまっぷ普及中(千代田区後援)の千代田区で、広報力アップ講座を実施いたします。

町会活動、子育てサークル、趣味の会、地域活動…
世の中にはさまざまなイベントがあり、その多くはチラシで告知されています。
大切なチラシを使いもっと沢山の人に届ける、新しい告知の方法を学んでみませんか?

当日参加の方は、これから千代田区で普及していく「ためまっぷちよだ」の投稿もできます。
ぜひ、お越しください♪
====================

チラシの50倍見られる!IT活用の広報力アップ講座

日時:2018年11月27日(火)
第1部 子育て支援団体向け 14:00-15:30(13:30 開場)
第2部 イベント主催者向け 19:00-20:30(18:30 開場)
場所:和泉橋区民館 4階洋室C(千代田区神田佐久間町1-11-7)
参加費:無料
定員:15名
講師:ためまっぷプロジェクト 和田菜水子
申込み:①tamemapchiyoda@gmail.comにメール
申し込みフォームから

====================
このイベントは東京メトロさまと千代田区中心に実証実験中の

Tokyo Metro Accelerator 2017(千代田区後援)での取り組みの一つです。

▶本イベントのチラシ(PDF)はこちらから

▶こちらでも本イベントの情報を掲載しています
みんなの掲示板「ためまっぷ」アプリから
・FBイベント 第1部(14:00〜)第2部(19:00〜)

東京メトロ駅構内で「ためまっぷ」ポスターの掲示を開始しました

2018.10.26
タグ: , , , , , , ,


2018年10月26日より、千代田区内33箇所の東京メトロ駅構内に、東京メトロ×ためまによる、東京でのためまっぷ普及ポスターが掲示されます。

本取り組みは、東京地下鉄株式会社様との「TOKYO METRO ACCELERATOR 2017」(後援:千代田区)の実証実験の一環で、メトロ駅周辺のイベントや地域活動を知ってもらうために実施中。
これまでの、メトロアプリ内での紹介、駅構内に設置されるメトロニュースへの掲載に続き、メトロ駅をご利用になる地域住民の方々に向け、まずは千代田区から拡散していきます。

都内初!東京メトロ沿線「地域のつながり創出」の取り組みについてはこちら

【掲示スケジュールは以下の予定】
10月26日以降  銀座線「溜池山王」、千代田線「霞ケ関」、南北線「飯田橋」、日比谷線「霞ケ関」、有楽町線「永田町」「飯田橋」「麹町」「秋葉原」「御茶ノ水」「神田」「東京」
10月31日以降  千代田線「日比谷」、東西線「九段下」「飯田橋」、半蔵門線「永田町」「桜田門」「武橋」「有楽町」
※ スケジュールは変更となる場合があります

 

🔽さっそく、千代田区内のイベント情報を探そう!
(※PCの方は「ブックマーク」、スマホの方は「ホーム画面に追加」を行うと次回からの利用がスムーズです。)

 

 

 

 

 

🔽TOKYO METRO ACCELERATOR 2017とは?

東京メトロとスタートアップ企業の連携により、新たな事業領域への進出を視野に入れ社会課題解決や「東京を楽しく」することを目指す実証実験プログラム。2016年に続き、2年目となる2017年10月にスタートアップ企業の募集を行い、応募総数112件の中から3度にわたる審査を経て、最終的に5社が最終審査を通過しました。2018年3月より順次、各企業と実証実験を実施し、今後の事業展開の可能性を検討していきます。

Tokyo Metro ACCELERATOR 2017の詳細はこちら(Creww)

 

東京メトロ「TOKYO METRO NEWS」に掲載されました

2018.10.01
タグ: , , , , , , , ,

2018年10月1日、東京地下鉄株式会社の発行する「TOKYO METRO NEWS10月号」にて、ためまっぷアプリについて取り上げていただきました。

これまでチラシなどでしか知ることができなかった地域の情報を共有し、地域のつながりを作る「みんなのまちの掲示板」アプリです。
今すぐ参加できる近所のイベントや、自分が主催したイベントを無料で告知して、あなたのまちをもっと広めよう!
※2018年4月から、東京メトロ沿線の地域社会のつながり創出を目指し、ためま株式会社と協業しています。

▶メトロニュース10月号はこちらからご覧いただけます。
(11ページの「SPOT LIGHT さらなる「便利」や「安全」のために、メトロは進化しています!」コーナーにて)

7/6 ちよだコミュニティラボの「シェアリング@千代田」に登壇します

2018.07.02
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

従来の住民に加え高層マンションの増加により増えた新住民、さらに多数あるオフィスや大学、テーマ型活動などにより昼間人口の多い千代田区では、たくさんの人がまちをシェアしながら暮らしています。

 

千代田区で地域コミュニティ醸成支援事業を行うちよだコミュニティラボでは、3つの問いについて探求する場を持っています。

①マンション住民にとって必要な「つながり」とは?

②これからの地縁関係は?町会と新しい住民のつながりを広げるには?

③テーマ型活動・大学・地域は、どうつながれる?

 

探求す場のひとつとして開かれるのが、マンション・コミュニティ・ゼミ2018「シェアリングちよだ」

はじめの一歩として7/6(金)に開催される基礎編①にて、東京メトロのアクセラレータープログタム参加事業(後援:千代田区)であるためまっぷの取り組みについても説明させていただく予定です。

 

ちよだコミュニティラボの行うシェアリング@千代田の活動

 

当日は、ためまっぷの取り組みを共に行う、東京メトロ経営企画本部経営管理部の志田裕介主任も一緒に説明をしていただけます。

ためまっぷでは「紙チラシ共有アプリで広がる、ゆるくつながる」をテーマに、地域にあるたくさんの魅力的な活動や事業の情報を分かち合うための取り組み事例をご紹介する予定です。

ご興味のある方のご参加、お待ちしております。

■概要
まちの情報をシェアしよう~マンション・コミュニティ・ゼミ2018 シェアリング@千代田 基礎編1~
【日時】2018年7月6日(金)18:45~21:00
【会場】千代田区役所(九段下) 4階会議室
【対象者】千代田区在住・在勤・在学の方、千代田区で活動している方
【参加費】無料
【主催】千代田区
【運営】ちよだコミュニティラボ事務局(千代田区コミュニティ総務課、株式会社エンパブリック)

■進行予定
1.イントロダクション
2.ゲスト・トーク
「東京メトロの地域連携に関する取組み」
東京地下鉄株式会社 経営企画本部経営管理部 主任
志田 裕介さん
「紙チラシ共有アプリで広がる、ゆるくつながる」
株式会社ためま 代表
清水 義弘さん
3.区内活動実践者も交えたパネルトーク
つなGOちよだ 及川 浩二朗さん
ちよだ広報部 三浦 裕介さん
4.対話「まちの情報をシェアするには?」
・何が、どう届いていないのだろう?
・まちの情報をシェアするとは? どうしたら実現できる?

全体ファシリテーター
広石拓司(株式会社エンパブリック代表、立教大学大学院兼任講師)

■参加登録
下記URLをクリックし、参加登録フォームから必要事項を記入し、登録ください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/3b2f4271123984

 

 

 

シェアリングちよだとは?

「シェアを取り入れた新しい生活スタイル」を効果的に実現するには、どうしたらいいか? シェアする活動を実践している方たちの話をヒントに、アイデアを出し合い、小さくトライすることで、自分らしいシェアの使いこなし方を見つける、ちよだコミュニティラボ主催の参加型プログラム。

Facebookイベントページはこちら

 

ちよだコミュニティラボとは?

千代田区の地域コミュニティ醸成支援の一貫として、千代田区に住み、働き、学ぶ人たちが地域で助け合い、支えあえる地域コミュニティをつくっていくのに役立つプログラムを実施していく事業。

主催:千代田区コミュニティ総務、運営事務局:株式会社エンパブリック

Facebookイベントページはこちら

 

広島経済レポートに「東京メトロとの実証実験」の記事が掲載されました

2018.03.15

 

2018年3月15日付の広島経済レポートに、東京メトロとの実証実験に関する記事が掲載されました。

 

 

ITベンチャーのためま
東京メトロと実証実験へ

ITベンチャーのためま(中区八丁堀、清水義弘社長)はスマホ用アプリ「みんなのまちの掲示板ためまっぷ」を活用し、4月から東京メトロと実証実験を行うことが決まった。
東京メトロが新たな事業領域への進出などを視野に入れた「Tokyo Metro Accelerator 2017」の一環。地下鉄沿線の地域イベント情報を収集し、ためまっぷアプリに順次掲示する。これまでチラシなどでしか知ることができなかった地域の情報を共有することで、多様な人の集う近所のコミュニティを知るきっかけや、地域社会のつながり創出を目指す。

 

広島経済レポートは毎週木曜日に発行。

昭和26年創刊の地元経済情報誌のパイオニアです。

▶︎ ホームページはこちら

▶︎ FBページはこちら

 

過去の広島経済レポートの掲載はこちら

▶︎ 2018年3月15日 「Android版のアプリリニューアル先行体験版を公開しました」

▶︎ 2018年1月18日 代表世話人 清水の「ざゆうの言葉」

▶︎ 2017年7月6日「コープこうべ、セブン銀行と連携 地域イベントアプリを全国展開へ」

春から東京メトロとの実証実験がスタート!

2018.03.01

〜「ここで生きてよかった」と誰もが思える社会をつくる〜
東京メトロが実施する「Tokyo Metro ACCELERATOR 2017」に
当社サービス「ためまっぷアプリ」を活用した実証実験が決定!

 

 

「ためまっぷプロジェクト」を行う「ためま株式会社(所在地:広島市中区、代表取締役:清水義弘、以下「当社」)」の運営する地域情報共有アプリ「みんなのまちの掲示板 ためまっぷ」(以下「ためまっぷ」)を活用したサービスが、東京メトロの実施する「Tokyo Metro ACCELERATOR 2017」の最終審査を通過し東京での普及を実証することが決定いたしました。

 

 

⬇︎詳細情報はコチラから

東京メトロ沿線で地域社会のつながりづくりを実証

 

 

■Tokyo Metro ACCELERATOR 2017とは?
東京メトロとスタートアップ企業の連携により、新たな事業領域への進出を視野に入れ社会課題解決や「東京を楽しく」することを目指す実証実験プログラム。2016年に続き、2年目となる2017年10月にスタートアップ企業の募集を行い、応募総数112件の中から3度にわたる審査を経て、最終的に5社が最終審査を通過しました。2018年3月より順次、各企業と実証実験を実施し、今後の事業展開の可能性を検討していきます。

Tokyo Metro ACCELERATOR 2017の詳細はこちら(Creww)

https://creww.me/ja/collaboration/tokyometro-2017-10

 

 

※プレスリリースのPDFファイルはこちらから。